前回の|中目黒 ・横浜のスピリチュアルカウンセリング

Columunコラム

前回の続きです②

~前回の続きです~

 

 

昨年病院の検査室の前で順番を待っていた時の事です

 

突然見知らぬご婦人が声を掛けてこられて

まるで機関銃の様に喋り始めました

どうもその方は「私は末期の癌患者」

(私にはそう見えませんでしたが)と告白し

「今日までお金を沢山掛けて色々な治療をしてきたけど

本当どうなるかわからないし不安で不安でたまらないのよ」

…と

 

私はお話を聞いてさし上げる事しかできないので

名前を呼ばれるまでお付き合いさせて頂きましたが

解放された後色々考えさせられる事が多いなと思いました

 

 

人間は生まれてきたばかりの赤ちゃんや私も

誰しもが確実に「死」に向かって生きています

生きて生活をする為には財は必要です

 

でも、物理的な財というものはいざとなったら

本当に本当に役に立つのでしょうかね?

 

先端医療での治療はもちろんの事ですが

病魔に脅かされている方の心のケア

 

 

という事をすごく考えて下さる病院なので

患者への心使いは本当に手厚いのですが

そのスタッフの方々の悪口までおっしゃるご婦人にちょっと

嫌悪感を感じたのも事実です

そんな私の気持ちを他所に

 

「お金はあるのよ

恵まれているのになんで私は死ななきゃいけないの?」

 

と連呼するこの方の心の闇は本当はどこにあるのか…

 

 

~また続きます~