3.11 | 中目黒 ・浜のスピリチュアルカウンセリング

Columunコラム

3.11

早いものでもう三年が経過いたしました
色々な人々の思いを重ねてきた事でしょう
昨日は、朝の新聞から夜中のニュースまで

東日本大震災の事でいっぱいでしたね

 
皆様は何を想っていたのでしょうか

 

ビートたけしさんが

 

 

常々オイラは考えてるんだけど、こういう大変な時に一番大事なのは「想像力」じゃないかって思う。
今回の震災の死者は1万人、もしかしたら2万人を超えてしまうかもしれない。

テレビや新聞でも、見出しになるのは死者と行方不明者の数ばっかりだ。
だけど、この震災を「2万人が死んだ一つの事件」と考えると、被害者のことをまったく理解できないんだよ。

 
じゃあ、8万人以上が死んだ中国の四川大地震と比べたらマシだったのか、そんな風に数字でしか考えられなくなっちまう。
それは死者への冒涜だよ。

 

 
人の命は、2万分の1でも8万分の1でもない。
そうじゃなくて、そこには「1人が死んだ事件が2万件あった」ってことなんだよ。

 

 

 

※ビートたけしが震災直後に語った~より一部抜粋

 
と語っておられました
彼は今までの人生体験の中で色々な事を考え、そう思われたのだと思います

 

命は重い

 
決して軽んじてはいけないのです

最近のニュースを見る度に、命の重さを考えさせられる事件に胸が痛みます
先の震災で、天上界に帰られた方々、決して本位ではなかったと思います

もし日本の「負」の部分を敢えて受け止めて下さったのであれば
尊敬と感謝の念を持って、手を合わさせて頂きたいです

 

 

毎年3月11日が来る度に皆様は先の震災を想いだす事でしょう
その度に命の重さを感じ取ってください

そして、それぞれの命を大切に、自分も他人も傷つける事無いように

 

今日のカウンセリングは何故かお子様連れの方が多かったです

昨日泣き腫らして、腫れぼったい顔でのお出迎えでしたが

子供たちはそんな事関係無く微笑んでくれました

 

 

癒されました

 

 

命は尊い、そう思わせて頂ける今日1日でした

 

 

目黒川の桜も少しだけほころんでまいりました

冬来たら春遠からじ

私の大好きな言葉です

春はもうすぐ皆様の足元にまで来ているのかもしれません

 

ダウンロード (6)