東京漂流物語 延長戦 | 中目黒 ・浜のスピリチュアルカウンセリング

Columunコラム

東京漂流物語 延長戦

皆様こんにちは(。・ω・)ノ゙

 

まず最初に、何件か読者様(?)から質問がありましたのでお答えさせて頂きます!

 

Q 先生は、この3日間お風呂に入らなかったのですか?

 

A 大丈夫です、入れましたよ(・∀・)

1日目はカプセルホテルで

2日目は中目黒の事務所で、着替え等はユニクロ等で調達致しました

ユニクロは何でも揃います、本当にありがたいですね!

 

Q しばらくカウンセリングはお休みしていたんですか?〈お休み中ですか?〉

 

A いいえ、1日目はカウンセリング終了後移動し

2日目はさすがに皆様日にちを変更されお休みに致しましたが

3日目からは通常通りの開所となりました

 

さて、3日目のカウンセリングが終了し

(この日も日にち変更された方が多かったため、お二人様で終了です)

友人の待つ(前編参照)錦糸町に向かいました

 

やはり、電車は定刻通り動いてはおらず、予定より遅くなった為…

友人は少々おかんむりです

 

index

※ぬ~

 

この時点で私は睡魔と空腹に負けそうになっており ネムィ…(σω-)。о゜

とりあえずどこかで食事をし

新横浜に送り届ける事しか頭の中にありませんでした

すると友人は

 

「私、浅草にいきたかと」

 

え…本当ですか(p・Д・;)

 

「東京に来て観光も何もしてなかと」

 

そう言われてみればその通り

分かりました!!行きましょう…とても単細胞化した私の頭

ナビなど頼らず目の前に見えた浅草駅行きのバスに乗り、とりあえず浅草へ

 

実は私、20年ぶり位の浅草、右も左もわかりません

視界に入ってくる、浅草という文字だけを頼りに感だけで進み、無事到着

 

仲見世

 

※仲見世通り

寺

 

※浅草寺

 

やっぱりものすごく寒い

だけど、観光客の方がいっぱいです

昭和レトロな喫茶店で生姜焼き定食を食べ、彼女は浅草寺にお参りに

私は本堂の下で、彼女の荷物の番人をしていました、すると…

 

Excuse me」またもや 「Excuse me」

 

御免なさい!

今私に何を尋ねられても分かりませ~ん(;´・д・)?

外国からの観光客の方、お許しくださ~い!

 

「Sorry」「Sorry」とおたべ人形の如く、ぺこぺこと頭を下げていた所に

 

images (9)

 

お参りに行っていた彼女が慌てて帰ってきて

 

「おみくじで凶を引いたと!!」 Σd(゚д゚*)あると思います!

 

皆さん、おみくじで凶を引いても心配ありません

どのお寺、神社でもおみくじで凶を引くとお払いやお清めをしてくれます

むしろ厄落としになって良いという話もありますが…

しかし

その日の彼女は凶でした

一緒にいた私も凶でした(ノ`ー´)ノ・・・~~┻━┻

 

浅草から神田、その後渋谷から東京に向い

新横浜に向かおうと思い移動しておりましたが

エスカレーターやエレベーターの無い地下鉄間の移動は

荷物持ちにとっては地獄です

浅草線、何でこんなに階段が多いのでしょう

 

彼女は本を沢山持参していたので、荷物が超重い(*´’Д’):;*.’:;カハッ

キャリーバッグは平地では役に役に立ちますが

階段の多い通路ではただの荷物です

 

バックごと転がり落ちそうになる事数回、人様に助けて頂く事数回

神田に着く頃には二人ともしゃべる気力も無く、結果

東京駅に向かい、新幹線で新横浜に向かう事に…

 

東京から新横浜まで新幹線だなんてなんとお贅沢な

在来線使用という概念が消し飛んでしまう位もう疲労、とてつもない疲労

そして、新幹線の快適な事(*^ワ^*)

 

新横浜の駐車場に着いた頃は、もはや夜でした

同時に安心しすぎて腰が抜けました

 

幹線道路が雪で閉鎖されていた為、彼女は別な所で宿泊する事に…

私は帰路へ…三日ぶりの帰宅

濃い3日間でした、でも楽しかったかも(笑)

 

今回は非常事態だった事もありますが

行く先々で色々な方々のお世話になり、心の温かさに触れました

 

駐車場の雪かきをして下さったスタッフの方

折れた傘の変わりに予備の傘を提供して下さった通りすがりの方

雪中移動中に気を付けてねと声をかけて下さった方々

道を教えてくれた方々、荷物を持って下さった方々

 

この場を借りて御礼申し上げます

 

友人は九州の自宅に戻る予定(車で!)でしたが

昨夜帰宅との事、あれから幾日経過?

道草くいすぎでしょう!!(笑)

一番デンジャラスなのは、私と友人なのかもしれません(爆)